さまざまな魅力がある

事務員

このような点が魅力

貿易事務の仕事を希望する人が知っておきたいことがあります。それは、この仕事は、通関士などの資格や各種の語学を十分に生かせる仕事だということです。貿易事務の他にも事務系の仕事はたくさんありますが、貿易事務のように専門的な事務というのは金融関連などに限定されています。専門的でない一般事務は、基本的なパソコン操作や社会常識があれば問題なくこなせる仕事です。一方で、貿易事務は通関業務や専門の書類の作成方法などについて、一定期間みっちりと学ばなくてはいけません。しかし、一度経験を積めば、その後は貿易関連のエキスパートとして長く活躍できます。最近は働き方が多様化してきているので、貿易関連の事務についても短時間や曜日を限定した働き方が可能でしょう。この仕事では、女性だけでなく男性も活躍しています。また、正社員だけでなく契約社員や派遣社員の募集も多く見られます。そのため、プライベートの充実のためにパートタイムで働きたいという人や、子育て期間が終わったら再就職をしたいと考えている人などにも適している仕事です。就職や転職には、貿易関連の資格や英検などの資格を持っていると有利でしょう。貿易事務の求人に応募する際は、他の事務職と同じように書類選考や面接があります。また、企業によっては簡単な筆記試験や適性試験がある場合もあります。採用にプラスになるので、所有している語学関連の資格や通関士の資格についてアピールすると良いでしょう。