自分をアピールする

面接

短い時間で自分を表現する

面接で自己紹介を求められることは多いです。自己PRが出来る能力は、自分を表現することが出来るかということを面接官は見ています。ただ、時間が短いと感じるひともいれば、自分にはアピール出来るものがないと悩む大学生の方や転職を検討されている方は多いと思います。自分の長所を表現することは日本人は苦手です。どちらかというと場合にもよりますが、自分を否定的に捉える人が多いために長所を表現しなくてはいけないとなると出来ない人が多いのです。自己紹介をするときにはフレーズが大事です。自分が今までやってきた経験をそのままフレーズにしてもいいですし、これからなりたいものをフレーズにしてもいいと思います。そんな経験がない、なりたいものがないという人はなぜその会社を選んだのかを考えてみるのもいいと思います。自己紹介で相手の興味をひくために何を言えばいいのかを考える視点も必要です。会社がどんな人材を求めているのかを考えて、そうなりたいからこの会社に入りたいと面接でアピールをすると面接官の方に熱意は伝わりやすくなります。どうしても自己紹介で自分の長所が見つからない、話したいことがわからない人は、自分の短所を思い浮かべてそれを反対の言葉にしてみると長所として見えてくることがあります。長所と短所は表と裏になることが多いので、反対の意味で使ってみると長所に変わることがあります。ひっくり返すことで新たな一面が見えるかもしれません。