自分をアピールする

面接

面接で自己アピールをしたければ、自己紹介でアピールをする必要があります。会社の面接では、会社がどんな人材を求めているかを考えるのが大事です。長所が見つからない人は短所を反対の意味で考えると長所になることがあります。

詳しく見る

魅力を理解しましょう

タクシー

タクシーの運転手に興味があり、転職を検討している場合は、仕事を通して運転が上達したり、色々な風景を見られたりなど、魅力を理解しましょう。また、落ち着いて働きたいなら知らないエリアよりも土地勘のあるエリアを選ぶと良いです。

詳しく見る

正社員ではなくても良い

オペレーター

コールセンターにはとにかく人手が必要になることでしょう。シフト制勤務のところが多く、業務もマニュアル化しているところばかりなので派遣社員が多くなっています。電話対応が迅速かつ丁寧な人なら派遣社員でも十分に務まります。

詳しく見る

ホームページから探す

男性

日本交通はタクシー運転手が働く会社として広く知られています。ただし、求人には事務職などもあるかもしれません。募集内容をよく確認してから応募しましょう。また、収入面に関してもきちんと確認することをおすすめします。

詳しく見る

さまざまな魅力がある

事務員

貿易事務の仕事には、たくさんの魅力があります。例えば、英語などの語学力を生かしたり資格を持って専門的に仕事をこなすことができます。仕事に応募する際には、所有する資格やできる語学についてアピールしましょう。

詳しく見る

経験や知識を活かす

女性

適切な職場を見つける

留学経験を活かせる英語が使える業務を希望する人は多いです。そうした人に人気なのが貿易事務です。貿易事務の業務は勤務先の規模によっても異なります。メーカーや商社や保険会社などでも、貿易事務を行います。貿易事務の業務は輸出業務と輸入業務に分類することができます。勤め先によって輸出業務と輸入業務のどちらの業務が多いかは異なります。輸出業務ではインボイスや船積依頼書などの作成を行います。輸入業務では海外取引先と電話やメールによるやりとりを行うことが多いです。貿易事務の書類作成においては、語学力が求められ貿易用語に関する知識も必要になります。貿易事務をスムーズに行うには、物流の仕組みを理解しておく必要があります。貿易事務の業務は特に資格がなくても行うことができますが、関連する資格を持っていると求人の時に有利となります。貿易実務検定や通関士などは、貿易関係者に人気です。海外との取引を正確に行うには、法律の知識も必要になります。貿易に関する知識や法律に関する知識などは事前に得ておくことが大切です。海外との取引に必要な法律は改正されることもあります。貿易事務の業務を希望する際には、貿易環境の変化や法の変化などを意識することも大切です。好奇心が強くて海外の情勢に関心がある人が向いているのが、貿易事務の業務です。海外との取引は様々なトラブルが発生することもあるので、臨機応変な対応力も貿易事務には求められます。